読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虫眼鏡と望遠鏡

考えたいこと 気になったこと 残しておきたいこと

休学は逃げるためのものではないということ

 

 f:id:ikt2y:20170307232142j:image

 

最近、フィルムカメラを買いエモ感を意識しています。

さて、大学生活も折り返し地点になり春休みも終わりに近づいてきました。

そんななか、ふと思ったこと。

「休学したい」

1日は24時間、1年は365日。 

時間は無限にあるものではありません。「本気で取り組めば絶対に得られるものは多いはずなのに...」。大学に対しても、インターンシップに対しても、これからやりたいなと思っていることについても中途半端になっている自分のことが嫌いでした。まとまった時間をとって、自分のワクワクすることに全力で取り組んでみたい。寄り道をしまくってから社会に出たい。

そんな思いが日に日に強くなっていました。休学する勇気がない自分は「来年、自分のやりたいことがあるから休学するんだよね」と友達や先輩に言うようになりました(やりたいなぁという心の声を実際に声に出してみることはオススメです)。 

しかしながら、本当に今の自分にとって休学はベストな選択かと考え直すと必ずしもそうではなかったようです。「休学という選択肢があるなら使うしかなくね?」と思い込んでいた自分が、必ずしもそうではないと気付いた2つの視点とは...

あらかじめ書いておいきますが、別に休学を否定している訳では決してありませんし、こうあるべきだという話でもありません。完全に個人的な意見なので、参考までにどうぞ。

 

1.それは挑戦のためなのか

休学が全てを救ってくれる訳ではありません。大学という環境から離れ、好きなことを好きなだけ、とことん追求できるのは魅力的なことです。誰もが夢を見るでしょう。

ですが、社会に出るのを遅らせてまでして、成し遂げたい明確な目的や理由はありますか?

3秒以内に答えが浮かんでこなければ、立ち止まって考えてみましょう。逃げるために休学してないですか?中途半端な気持ちのまま休学する代償は大きいと思います。明確な目的や成し遂げたいことがないのであれば、早く社会に出て経験を積んだ方が得るものがたくさんあるかもしれません。

 

2.それは両立できないものなのか

このまま中途半端な気持ちで大学に通い続けたくない。一度、本気でやってみないと分からないことが多い。なぁなぁで終わらせたくない。

ですが、実際そんな大学って大変ですか?

大学いく期間も実際は半年ぐらいだし、そこまでみっちりという訳でもないし。長期休暇をうまく使えばそれなりのことはできちゃいます。休学というよりは、時間の使い方や生活習慣を改善することの方が本質的な解決策ではないでしょうか。正直、自分の不満を大学に押し付けていました。休学に関わらず、「自己管理能力」はとても大切なスキルだと思います。ポジティブな考え方ですけど、そういう意味では、学生って自己管理能力がめちゃくちゃ鍛えられる環境にあると思っています。

 

決意表明

休学するの、やめました。

完全に逃げの姿勢になっていたからです。大学に通いながら、やりたいこともできたらそれに越したことはない。休学経験は無いなりに考えた結果、「休学とは逃げるためのものではなく、挑戦するためのもの」だという結論に至りました。休学して「まとまった時間をとって、自分のワクワクすることに全力で取り組んでみたい」と漠然と思っているようでは、まだ早いようですね。

やってみる前から両立できないと決めつけるのではなくて、修行だと思ってまずは全力で取り組んでみることから始めてみます。でも、人生に1度しかない学生生活のなかで、何か1つでも大きなことにチャレンジしてみたいですよね。来年のこの時期にまた同じ視点で自分に問いかけてみたいと思います。

 

いやー、何も考えずに、「休学=最高」と思考停止して休学を前提に色々プランを考えていたので、ゼミとか若干焦ってます笑 

さて、明日は早起きするぞー!

 

以上、現場からでした〜

 

2017 初映画「シング・ストリート」

 

明けましておめでとうございます!

 

 f:id:ikt2y:20170108024012j:image

 

年末年始体調を崩して最悪のスタートでしたが、今年はむしろ伸びしろしかありませんね。

 

どうも池田(@ikt2y )です

  

大学では映画研究部というサークルらしき部活に入っています。その特権としてとある映画館(飯田橋 ギンレイホール)で無料で映画を観れるらしく、友達に誘われ初めて行って(テスト勉強の息抜きとして)部活動をしてきました。2年生もそろそろ終わりですが

 

 f:id:ikt2y:20170108031354j:image

 

見た映画は「はじまりのうた」で有名なあのジョン・カーニー監督の最新作!

「シング・ストリート 未来へのうた」

gaga.ne.jp

予約注文 Amazon | シング・ストリート 未来へのうた [DVD] -映画

 

2017/1/8現在は渋谷アップリンクで観れるらしいです

東京都「シング・ストリート 未来へのうた」の映画館(上映館) - 映画.com

 

ストーリー

サエない日々を送っていた少年がバンドを組み、ストリートや海辺でミュージック・ビデオのゲリラ撮影を重ねるうちに 、年上の女性との切ない恋と、それぞれが家庭に問題を抱えたメンバーたちとの胸を打つ友情が加速していく。

 

作詞の才能に目覚め、傷つきながらも成長していく姿が愛しくも眩しいコナーには、アイルランド全土で半年かけた数千人のオーディションから選ばれた、 フェルディア・ウォルシュ=ピーロ。演技はこれが初めてだが、7歳からソプラノのソリストとしてステージに立っていた美声で魅了する。 

http://gaga.ne.jp/singstreet/

感想

80年代の感じがエモかったですね〜。曲も最高。サントラ買いたい。どういう内容なのかはあえて触れませんが、せっかくなので思ったことだけでも書き残しておきます 

 

言葉にしてしまえば「当たり前じゃん」と思うかもしれません。だけれども映画のなかで追体験して感じたことだから、そこには言葉以上の重みがあります。

是非、観てほしい!

以上!

 

ちなみに神楽坂も近かったので

赤城神社に初詣行ってきました

f:id:ikt2y:20170108024325j:imagef:id:ikt2y:20170108024331j:image

今年も良い1年でありますように

 

文字にすること、伝えること

 

最近よく思うのは、「考えようと思っていたことって中途半端なまま自分の中に残っている」ということ。なんとなくの理解で留まっていることばかり。

 

「あー、知ってる」

(だけど特に意見とか持ち合わせていない)。

 

もう一歩踏み込んで、考えたい。

 

何かを書いて、発信することってやっぱり大切。

ずっと思っていたことけど、何もしてこなかった。

 

学生だからこそ新鮮な視点で色々なことを見れる。

時間もあるし、ある程度余裕もある。

失敗だってできる。

 

f:id:ikt2y:20160611022425p:plain

 

待っていても始まらない。

今、始めよう。

 

気になったこと・感じたことを自分なりに整理をして文字にして伝えること。

身近なことから少しずつ。